神社名 宗像大社 宗像大社公式ホームページ
宗像大社
所在地 福岡県宗像市田島2331
造り 辺津宮 本殿:五間社流造 拝殿:切妻妻入造
祭神 辺津宮:市杵島姫神(イチキシマヒメノカミ)
 中津宮(大島):湍津姫神(タギツヒメノカミ)
沖津宮(沖ノ島):田心姫神(タゴりヒメノカミ)
配祀・合祀 辺津宮 第二宮(ていにぐう):田心姫神、第三宮(ていさんぐう):湍津姫神
御神徳 交通安全の守護神
摂社
御神体、御神寳 沖津宮がおまつりされている沖ノ島は「おいわずさま」と呼ばれ島全体が御神体 現在でも女人禁制
沖ノ島で発見された 鏡、勾玉、金製の指輪など、約十万点にのぼる貴重な宝物のうち八万点が国宝に指定され、海の正倉院と称される。これらは辺津宮にある神宝館(しんぽうかん)に所蔵、展示されている。
高宮祭場:宗像三女神が降臨したと言われる
備考 七千余ある宗像神社、厳島神社、および宗像三女神を祀る神社の総本社
沖ノ島の沖津宮、筑前大島の中津宮、宗像市田島の辺津宮の三社の総称
『神宿る島・宗像・沖ノ島と関連遺産群』の構成遺産として世界遺産暫定リストに追加掲載