兵庫県淡路市多賀町に位置する伊弉諾神宮(イザナギジングウ)は、国生みで最初に生まれた淡路島にあり最古の神社とも言われています。

地元では「一宮さん」(いっくさん)と呼ばれ親しまれています。

祭神は、伊弉諾尊と伊弉ナミ尊とされています。

神の名は、呼び名もたくさんあることが多く、また、古事記と日本書紀ではその名を表している漢字もことなります。

 

古事記では伊邪那岐、伊邪那美と書かれていますが、日本書紀では伊弉諾、伊弉ナミ(パソコンでは表せない漢字)となっています。

 

また、日本書紀には「すべての仕事をやり遂げた伊弉諾は、子に当地を委譲し、国生みで最初に誕生した淡路島の多賀の地に幽宮(かくれみや)を構えて余生を過ごした」と書かれています。

 

古事記に見る「淡海の多賀」の地の解釈の違いとなりそうです。

 

この神宮には「夫婦大楠」があります。