神社名 三峯神社 三峯神社公式ホームページ
三峯神社
所在地 埼玉県秩父市三峰298−1
造り 本殿・拝殿:一間社春日造(イッケンシャカスガヅクリ)
祭神 伊弉諾尊 (イザナギノミコト)・伊弉册尊 (イザナミノミコト)
配祀・合祀 造化三神 ・天照大神 (アマテラスオオミカミ)
ご利益 自らの力で道を切り拓いていく人に強大なパワーをもたらす
摂社 国常立神社(国常立尊 瓊瓊杵尊 神倭岩余彦尊)・日本武神社(日本武尊)・伊勢神宮(天照皇大御神 豊受姫大神)月讀神社(月夜見命)・猿田彦神社(猿田彦命 天宇受賣命)・塞神社(八衢彦神 八衢姫神 久那斗神)・鎮火神社(火産靈命 水速女命 埴山姫命)・厳島神社(市杵嶋姫命)・杵築神社(大国主命 事代主命)・琴平神社(大物主命 崇徳天皇)・屋船神社(屋船豊受姫命)・稲荷神社(宇迦御靈命)・浅間神社(木花開耶姫命)・菅原神社(菅原道眞)・諏訪神社(武御名方命)・金鑽神社(天照皇大御神 素盞嗚神 日本武命)・安房神社(天太玉神)・御井神社(水速女命)・祓戸神社(瀬織津姫命 速開都姫命 氣吹戸主命 速佐須良姫命)・春日造の東照宮(徳川家康)・春日神社(武甕槌命 天兒屋根命 齋主命 比賣神)・八幡宮(誉田別命 息長帶姫命 比賣神)・秩父神社(八意思兼命 知知夫彦神)・大山祇神社(大山祇命)・氷川神社(須佐之男命 大己貴命 稻田姫命)・竃三柱神社(火産靈命 奧津彦命 奧津姫命)・薬師神社(大穴牟遲神 少名毘古那神)、
御神体、祭物 樹齢800年のご神木、日本武尊の石像、「白い氣守」
備考 十二代天皇の景行天皇の時、日本武尊(ヤマトタケルノミコト)が東国遠征中に、伊弉諾尊・伊弉册尊の国造りを偲んで創建したといわれる。
神社の東方にそびえる、雲取山、白岩山、妙法ヶ岳を合わせて三峯神社と名付けられたという。
社紋として用いている「菖蒲菱(あやめびし)」は花山院宮家の紋。
秩父神社・宝登山神社とともに秩父三社の一社

造化三神とはこじきの中で出てくる最初の神 天之御中主神(アメノミナカヌシノカミ)・高御産巣日神(タカミムスヒノカミ)・神産巣日神(カミムスヒノカミ)の総称です。

 
天之御中主神(アメノミナカヌシノカミ)が最初に「自らが中心となって全体を取りまとめる神」として現れ、続いて高御産巣日神(タカミムスヒノカミ)が、高天原(天上界)の創造神として、神産巣日神(カミムスヒノカミ)が地上界の創造神として現れたとされています。