因幡に先に着いた兄達はめいめいが八上比売に求婚しますが、当の八上比売は、大穴牟遅神が因幡で助けた白兎から受けた予言どおり、八十神たちの申し出を心の広い大穴牟遅神のところへ嫁に行くと断ります。

 
これを知らされた八十神たちは、怒り大穴牟遅神の抹殺を企てます。

 
出雲への帰り道に、八十神たちは大穴牟遅神を伯伎国の手間山の麓に連れ出し、「この山には赤い猪がいる。これをわれわれが山から追い落とすので麓で捕まえろ」と言いつけます。

 

これは策略で、八十神たちは山頂で猪そっくりの岩を真っ赤になるまで焼き、それを山の上から落とします。大穴牟遅神は捕まえようと受け止めたのですが、体が真っ黒にこげ押しつぶされて死んでしまいます。

 
これを悲しんだ大穴牟遅神の母神は高天原にのぼり、生命をつかさどる造化神、神産巣日神(マムムスヒノカミ)にすがり、生き返らせてもらいます。
しかし、生き返った大穴牟遅神をまた八十神たちが殺そうと襲います。
これを知った母君は大穴牟遅神に須佐之男命(スサノオノミコト)のいる根の堅州国(カタスクニ)に向かう様に言いました。

 
大穴牟遅神は、根の堅州国を訪ねるとそこには須佐之男命の娘、須勢理毘売(スセリビメ)がいました。
2人はお互いに一目ぼれ恋に落ちます。

 

そして、須佐之男命に紹介されるわけです。

 

須佐之男命は大穴牟遅神を葦原(地上の国)の勇者とみなし、迎え入れますが、娘が気に入った男を素直には受け入れられず、次々と試練を与えます。

 

最初は、蛇の室屋で寝らされます。これは須勢理毘売が蛇の領巾で蛇をおとなしくし事なきを得ます。次の日はムカデと蜂の室屋でしたが、ここもムカデと蜂の領巾を使い過ごしました。

 
次は須佐之男命が放った鏑矢の探索でしたが、その最中に須佐之男命は草原に火を放ちます。万事休すと思いきや野鼠に助けられ、土にもぐり助かります。
しかも、小ねずみが鏑矢を運んできて、今度もまた課題をクリアーするわけです。

 
最後には須佐之男命の頭髪の虱取りを命じられます。
ただ、須佐之男命の頭髪に巣食っているのは虱ではなくムカデでした。虱は口でつぶせるのですがムカデはとても口ではつぶせません。
ここでも須勢理毘売が助けてくれます。椋の実を噛み潰し、赤土を口から吐き出すことでむかでを捕っているようにだましました。須佐之男命は油断していびきをかいて寝てしまうのです。

 
このままでは、命が危ないと感じた大穴牟遅神は、須佐之男命の髪を梳くフリをして髪を柱に結びます。そして、岩で戸口をふさいだ上で須勢理毘売と一緒に根の堅州国から逃げ出します。

 
ookuni途中、気のついた須佐之男命は2神を追いますが、途中であきらめ、大穴牟遅神に自分の太刀と弓矢で八十神を倒し、葦原の中つ国を治め大国主神と名乗り、宇津志国玉神(ウツクシクニタマノカミ)と名乗り、娘の須勢理毘売を妻とし、宇迦山の麓に立派な宮殿を建てて住むように言いました。

 
その言葉通り、大穴牟遅神は、八十神を残らず打ち倒し、大国主神を名乗って国つ神として君臨します。

 
さて、因幡の白兎が予言した八上比売はどうなったかといいますと、大穴牟遅神は正妻として須勢理毘売がいますので、側女として出雲入りをしたといわれます。

 
ただ、須勢理毘売は気性が父の須佐之男神に似て激しく、嫉妬深かったようで八上比売は子供を産みますがその子を置いて因幡に帰ったといいます。

 
この大国主神と須勢理毘売の物語が「神様の御用人 (2) (メディアワークス文庫) 4話 夫婦の事情」に書かれています。