須佐之男命の6代後の孫として登場する大己貴神(大穴牟遅神:オオナムチノカミ)がいます。彼がのちの大国主神(オオクニヌシノミコト)と呼ばれるようになります。

 

 

さて、この大穴牟遅神には沢山の兄弟がいたそうで彼らを八十神(ヤソカミ)といいます。大穴牟遅神は末っ子で、兄達にいつもこき使われいじめられていたようです。

 

 

この兄達が因幡にいる八上比売(ヤカミヒメ)という遠方まで美しさが評判の娘のところに、全員で求婚の旅に出ました。大穴牟遅神はその共として荷物運びを命じられたわけです。

 

兄弟達は誰が八上比売を射止めても祝福するという約束をしていました。

 

一行が出雲を出発して日本海沿いに因幡に向かいますが、その途中、気多(ケタ)の岬まで来たときに海辺に皮をはがれて赤裸の兎がグッタリと横たわっていたのです。

 

八十神たちが「何だ?」「どうした?」と口々に尋ねると、兎は淤岐島から因幡に渡ろうと鰐(ワニサメ)をだまして海上に並ばせてまんまと渡ったのだが、口を滑らせだましたことがばれてしまい怒った鰐に皮をはがれてしまったといいます。

 

八十神達は「良い方法がある」と助けるフリをして「海水につかり風に当たり、高い山に登って寝ていれば治る」と。。。そのとおりにした兎は一層苦しんでのた打ち回っていました。

 

 

そこに、遅れて大穴牟遅神が通りすがります。

 

ookuninusi訳を尋ねた大穴牟遅神は、兄さん達がひどいことをしたと同情し、兎に傷を治す正しい方法を教えます。

 

「河口に行って、真水で身体を洗い、塩気を落とす。そいて、蒲の穂を集めて、その花粉を地面に敷き詰め、その上を転がれば赤くただれた皮膚はきっとキレイに治る」

 

そうして、傷を癒すことが出来た兎は、「あなたの兄弟たちは誰も因幡の八上比売を手に入れることは出来ないでしょう。あなたこそ、八上比売を娶る人です」と予言をするのです。

 

これが因幡の白兎という絵本でも紹介されているお話です。

 

中国地方では、サメのことをワニと呼び、サメの肉を湯引きにしたものをワニの湯引きといい、好物としている人は多いです。