天照大御神を岩屋の中から出すことに成功した高天原の神々達は、その原因を作った須差之男命を罰を与え、高天原から追放しました。

 
追放された須差之男命は地上の出雲の国の肥の河の上流に降り立ちました。川の上流から箸が流れてきて、人がいることを知りその家を訪ねます。そこには国つ神の子、足名椎(シナヅチ)と手名椎(テナヅチ)夫婦とその娘櫛名田比売(クシナダヒメ)がなにやら泣いていたのです。

 
須佐之男が訳を尋ねると、8人いた娘が毎年のようにやってくる八俣大蛇に一人ずつ餌食にされこの娘が最後の一人なのだが、今年も八俣大蛇がやってくる時期となり辛くて泣いていたといいます。

 
須佐之男は八俣大蛇を退治するからこの娘を嫁にくれといったのです。

 
八俣大蛇とは、目は赤く熟した酸漿のように赤々と燃え、ひとつの体に頭が8つ、尾も8本あり、からだにはコケや木が繁り、長さも谷を八つ山を八つも渡るほど大きなからだをしているオロチです。

 
そのオロチの餌食にするくらいならと思った足名椎は、須佐之男の名を尋ねました。須佐之男が名を名乗り「天照大御神の弟で、天上の国から地に降りてきた」と言います。これを聞いた足名椎は納得し娘を嫁に出すことを承諾します。

 
須佐之男は櫛名田比売を櫛に変え自分の髪に挿しました。そして、足名椎と手名椎に強い酒をたっぷりと用意するように言います。家の周囲に垣根作り8つの門を作ります。その門ごとに8つの桟敷を構えて、それぞれ酒樽を置き、強い酒を満たして待ちます。

 
orochiついに八俣大蛇がやってきて、娘を探しますが、各門の先に大好物の酒の入った樽を見つけ、喉を鳴らしながら飲み始めます。すると強い酒ですから酔が周り、頭が一つずつ地面に落ち、眠り始めます。

 
その時須佐之男は十掌剣(トツカノツルギ)を抜き、8つの頭と尾を切り落としていきます。尾を切り裂いた時に何かに当たり十掌剣が刃こぼれします。この時出てきたのが草薙の剣と言われます。

 
これは、その後、高天原の天照大神に献上され、「八咫鏡(ヤタノカガミ)」と「八尺瓊の勾玉(ヤサカニノマガタマ)」と合わさり三種の神器となります。

 
八俣大蛇を退治した須佐之男は櫛名田比売を后とし、出雲の須賀に須賀の宮を作り根を下ろしました。

 
すっかり昔の乱暴者から変身した須佐之男命は櫛名田比売との間に一人、別の娘との間に二人の子をもうけ、その後、望み通り母の国、根の堅州国へ赴いたといいます。