tenkai古事記によると、天と地が誕生した時に5柱の神が現れたといいます。

 

最初に現れた神は天之御中主神(アメノミナカヌシノカミ)という、自らが中心となり全体をまとめる神です。

続いて2柱の神が現れます。

高御産巣日神(タカミムスヒノカミ)は、天上界(高天原)の創造神、神産巣日神(カミムスヒノカミ)は地上界の創造神とされ、2柱とも万物の生産、生成をつかさどる神。

この3柱は造化三神と呼ばれます。

 

続いてもう2柱の神が現れます。

宇麻志阿斯訶備比古遅神(ウマシアシカビヒコヂノカミ)という生きとし生けるものに生命を吹き込む神と、天之常立神(アメノトコタチノカミ)という天上界の永遠を守る神です。

 

ここまでの5柱の神は特別な神様と言われ、別天つ神(ことあまつかみ)と呼ばれています。

 

更に、2柱の神が現れます。地上界(日本の国土)の永遠をつかさどる神である国之常立神(クニノトコタチノカミ)と、大自然に命を吹き込む豊雲野神(トヨクモノカミ)です。

ここまでの7柱は、独り神で性別を持っていません。

続けて今度は男神と女神が対となって5組現れたと書かれています。別天つ神以降に現れた2柱の神と、5対の10柱の神を神代七代(かみよななよ)と呼びます。

 

五組の男女神のうち、最後の一組が、男神を伊邪那岐神(イザナギノカミ)、女神が伊邪那美神(イザナミノカミ)と言われ、日本神話では必ず紹介されている国生み、神生みの神です。

 

古事記によれば造化三神の合議の結果、天沼矛(まめのぬほこ)を二柱に授け、地上を固めるように命じたのだそうです。

 

二柱は「天の浮橋(あめのうきはし)」という、天と地を結ぶ橋から矛を使って最初の地、淤能碁呂島(オノゴロジマ)を作っている姿が挿絵になっているのを見たことがある人は多いのではないでしょうか。

 

二柱はこの島に御殿を立て、子作り(国生み、神生み)を行ったワケです。

最初に生まれたのは水蛭子(ヒルコ)であったため葦の舟に乗せて海に流したとされています。まともな子が生まれないので一度天に戻り出直したあと、日本の領土である島々(国生み)と八百万の神(神生み)を誕生させたとされています。

 

古事記には記載はないようですが、キサナギとキサナミの間に最初に誕生し、海に流された水蛭子(ヒルコ)は現在の兵庫県の西宮浜に流れ着き蛭子(エビス)神として祀られたという説もあるようです。

 

淤能碁呂島(オノゴロジマ)が実在するのか否かは、歴史学者の先生方の間でも諸説あるようですが、国生みで、最初に生まれたのが淡路島であることからも淡路島近辺が有力なようです。

 

最も有力な説となっているのは淡路島の南にある沼島(ぬしま)、地形、地質とも神話を裏付けることが多いとされており自凝(おのころ)神社も祀られていますが、山全体が御神体としてあがめられています。

 

淡路島と和歌山県の間、紀淡海峡にある友ヶ島諸島の沖ノ島、淡路市岩屋港内にある絵島